FXのポジションについてですが、FXのポジションというのはどういうことなのかというと、円とドルの通貨などを買って持っていることをドル/円の買いポジションを持ったといういい方をFX取引の中ではいいます。
また少し難しくなるとFXのポジションのほかにも、ドル/円をロングしたという言い回しもFX取引の中では出てきます。ポジションは日本語にすれば持ち高のことですからFXで外貨を買っているか売っているのかその状況を示すのがポジションという言葉なんですね。
FXで外貨を買っている時には買いポジションといいますし、FXで売っている時には、売りのポジションといういい方をするわけです。
別にわざわざFX取引の際にポジションとう言葉を使わなくてもいいのではないかという人もいるかもしれませんが一般的にFX取引をするうえではポジションという言葉を使って取引をします。
たとえばアメリカのドルを十万円買っているというFXの状況をポジションを持っているといいますが、FXでは外貨を持っていない時に外貨を売ることからスタートすることもできますが、このときは言ってみれば何も持っていないことになりますが、このときもポジションを持っているとFX取引の中では使います。

FXのスワップというのは、ゼロに近いような金利の円や高い金利のドルといったように外国の通貨の間には金利の差というのがあるのですが、その金利の差を配当してもらえるというのがFXにおけるスワップです。
たとえば100万円を円で銀行に預けるか、ドルでアメリカの銀行に預けるのかによっては金利の差が出てきますよね。それがFXのスワップなのです。円売りドル買いした1万ドルのFXのロングポジションを保有しているとすると、毎日FXのスワップポイントが150円から155円もつくなんて嬉しいですよね。これを1か月に換算すれば1か月でFXのスワップポイントが4500円もつくことになりますから1年間に1万ドル預けていれば5万4000円も金利が付くことと同じことになりますよね。
FXをする際のメリットとしてこのスワップポイントを目当てに金利の差で稼ぐ人がたくさんいます。しかし、もしも先ほどの逆でドルを売って、円を買った場合には金利の差がマイナスになるので、毎日150円払わないといけなくて1か月で4500円も損をするということになりますから、できるだけFX取引で成功したい場合にはスワップポイントがプラスになるような外貨のペアを選んでFX取引をする必要があるということになりますね。

 

 求人誌  吉祥寺の賃貸住宅  基礎体温計

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する